6-2.修理方式

※主な対象部品:PCB(システム基板)、LCD、ディスプレイ、HDD等、光学ドライブ等
ご注意:ユニット修理対象部品において、外的要因(落下、衝撃・圧力等の負荷による破損、液体・薬品付着、水没等による腐食が原因で修理・再利用が不可能な場合)、火災、天災地変(地震、風水害、落雷等)、ガス害、塩害、虫害、異常電圧等によりユニット部品の修理・再利用が不可能な場合は、「ユニット修理」方式は適用できません。この場合は「ユニット部品交換」方式となります。
なお、この場合はユニット部品交換であっても故障した部分のユニット部品を再利用部品と交換する場合があります。あらかじめご了承ください。

前へ次へ
□戻る
□TOPへ